2008年08月13日

自然の風景3 谷川岳

 自然の風景3 谷川岳(トマの耳、オキの耳) 2008/08/08 天神平より
谷川岳
 谷川岳が最も谷川岳らしく見えるのは、ここ天神平からの眺めかも知れません。この山は昔、耳二つと呼ばれていた事があり、それは麓の水上町辺りで使われていた名称と想像されます。この地水上からの谷川岳は頂上が二つ並んで立ち、猫の耳二つに見えるからです。その水上町の真上の峠に当たるこの天神平は、谷川岳を間近で仰ぐ最高の角度と眺望を誇っています。天神平こそは、谷川岳がその魅力を主張する素敵な二つの耳を鮮やかに仰ぎ見る事ができる峠なのです。この二つの耳(ピーク)がある山は他にも以外に多く、これを普通双耳峰と呼んでいます。谷川岳はその双耳峰の代表的な山なのです。写真左の峰は手前(訛ってトマ)の耳、右の峰は奥(訛ってオキ)の耳と呼ばれており、訛ったが故に、真に味のある不思議な呼び名になったと思います。快晴の空に見事にスカイラインを引いたその清々しい姿は猛々しくもあり、また心丈夫でもあり、この日、そこは山を眺める楽しさが横溢していました。
posted by 三上和伸 at 22:20| 自然の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする