2009年10月12日

自然の風景18 恵那山 馬篭宿より 2009.10.10

エナサン
恵那山(2190M)
 中央アルプス(木曾山脈)の最南端に位置する巨大な山・恵那山、馬篭宿からは両裾を伸びやかに広げて悠然と観えます。褶曲山脈の山としては誠に大きく立派な山です。ただ、一寸背丈が足りないかな?とは思いましたが…。
 恵那山は元々は胞(エナ)山だそうで、その謂は天照大神が包まれていた胞衣(エナ)が山頂に納められたと言う言い伝えにあるそうです。そんな伝説が生まれるほど昔から人々に愛されてきた山なのですね…。
posted by 三上和伸 at 20:47| 自然の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする