2010年03月16日

野の花34 春の花三題U 2010.03.16

再びの春色を求めて散歩に出ました。ありました美しい春色が…。その時の私の狂喜がお分かりになるでしょうか? 勿論、貴方ならきっと解ってくださるでしょう…。

キブシ
キブシ(木五倍子、キブシ科キブシ属)
 毎年、梅や椿が終わり始める頃、桜の咲く少し前にこのキブシは咲き出します。ユーモラスで愛らしい花、地味ですけど最高のタレントですね、私は愛して止みません。

ハナダイコン
ハナダイコン(花大根、アブラナ科オオアラセイトウ属)
 何と美味しそうな紫でしょうか、私は何時もそう思うのです。食べたいくらいに甘い色、これこそが春の紫ですね。
 沢山の名を持つ花です。オオアラセイトウ、ショカッサイ、ランジンサイ、ムラサキハナナなど。

モミジイチゴ
モミジイチゴ(紅葉苺、バラ科キイチゴ属)
 散歩道から外れたら、突然目の前に白い衝撃、ふわりと柔らかい繊細な花弁が観えました。豊かさと優しさが心に染み入りました。世にも美しい花とはこう言う花なのでしょうね。
 ひと月もすれば実は黄色く熟します。とても美味しいです。
posted by 三上和伸 at 22:56| 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする