2010年03月27日

野の花38 アオキの花と実 逗子市池子 2010. 03.26

アオキの雄花 
アオキの雄花(ミズキ科アオキ属)
  四弁の赤黒い花、非常に小さく、遠くからでは気付きません。しかし近付いて良く観ると中々に美しい花です。拡大してみれば更に美しさが際立ちます。誰も観てやらないのでは可哀想ではありませんか。是非観てやってください。
 観ればオシベしかなく雄花である事が判ります。メシベは退化したそうでこれは雄の木の証です。と言う事は昔はメシベがあったって言う事、いつの間にか雄木と雌木に分かれたのですね。雄と雌の違いなどは大した事ではないのですね、植物にとっては…。

アオキの実
アオキの実
 実があると言う事はこれは雌の木です。実の脇からは今年の花序が伸びています。まだ花はなくもう少し時間が掛かりそうです。雄花よりも少し後で花開くようです。しかし今年の花が咲く時まで実が残るのは面白いですね。一年掛かりで紅く熟すのですね。
posted by 三上和伸 at 21:42| 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする