2010年04月08日

野の花44  ウラシマソウ 観音崎 2010.04.06

ウラシマソウ
ウラシマソウ(浦島草、サトイモ科テンナンショウ属)
観れば肌がざわつく奇怪な花、その花からは糸状に伸びた長大な付属体が出て放物線を描いています。これが浦島太郎の釣り糸に見立てられて、この名・浦島草の名の起こりとなりました。この得体の知れぬ花、皆様は何と思われるか私は興味津々ですが、実は、私の大好きな花なのです。こんな怪しげで面白い花の顔の表情をした草はそうそう探す事はできないでしょう。浦島太郎伝説の生きた継承者。その素朴な愛嬌に私は抱き締めたく?なるのです。
posted by 三上和伸 at 22:48| 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする