2010年05月06日

野の花54 キクザキイチリンソウ 白馬村 2010.05.01

キクザキイチリンソウ
キクザキイチリンソウ(菊咲き一輪草、キンポウゲ科イチリンソウ属)
高遠の項で、恥ずかしながらアズマイチゲをキクザキイチリンソウと間違えて称し掲載してしまいました。花は似ていて見分けは難しいですが、葉は違いが判り易く、それを間違えた私はまだまだ植物愛好では初歩ですね。この写真の花がキクザキイチリンソウです。花色は白から紫と幅があり、しかも濃淡が無限であり、変化に富んだ得難い花です。

 早春の山間部では一番よく見られる花で、ここでも片栗の自生地に行き着くまで、そこかしこで咲いていました。枯れ野に花の賑わいは人にどれ程の希望を抱かせる事か、この時、初めて分かった気がしました。
posted by 三上和伸 at 21:58| 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする