2010年08月05日

とっておきの花6 サギソウ 2010.08.05

サギソウ サギソウ
サギソウ(鷺草)ラン科ミズトンボ属
待ち望んでいた鷺草の花がようやく開きました。今朝、水遣りのため観に行った所、既に花開いていました。一際白い純白の花、私を涼やかな気分にしてくれました。

 この一鉢は私のお客様のNさんが下さったもの。大切に作られて咲くばかりにまで育った株を分けて下さったのでした。有難うございました。見事に咲きましたよ! Nさんは大変趣味の広いバイタリティ溢れるカリスマ主婦の方です。園芸は勿論、音楽にも造詣が深くていらっしゃいます。お元気で励まれてください。

 この株は恐らく園芸種ですが、鷺草は本来は湿地に自生する野生の花です。昔は東京都のような湿地の多い都市近郊にはよく観られたそうです。まあ開発で全滅を余儀なくされたようですが? 残念です。

 花から垂れ下がっているのは、距と言う部位ですが、ここに蛾を誘う蜜が蓄えられているそうです。花は複雑であり、少し詳しくお知りになりたければ、ネットで簡単に調べられます。

 追伸: サギソウの花粉媒介をする虫は蝶ではなくスズメガの仲間でした。スズメガも長い口吻を持ち、サギソウの長い距にも十分対応できるのだそうです。しかもスズメガは強い飛翔力を持ち、広範囲を飛び回る事ができ、サギソウの繁殖に大いに力を貸す事になるそうです。

 先に東京都にも昔は鷺草が自生していたと申しましたが、鷺草は世田谷区の区の花だそうです。嘗ては区内に大群落があったそうです。観てみたかったですね。
posted by 三上和伸 at 08:26| とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする