2010年09月05日

音楽の話23 三上夏子主催、サロンコンサートVol.8〜ダンス!ダンス!ダンス!〜

野口英世記念館・長浜ホール
 玄関の前に生茂る楠の大木、それに映える白と緑の木造の建物、長浜ホールは本当に素敵な可愛いホールです。そんな可愛いホールで更に可愛らしいお友達が音楽会を開きました。

 今回は小さな幼稚園生から小学六年生までが演奏をしてくれました。ソロやご家族と一緒の連弾、そして皆で歌う合唱の伴奏をしたり、何時ものバラエティーに富んだ楽しい音楽の集いでした。
 
 因みに曲目を紹介いたしましょう。

1、もりのおんがくかい(外国民謡)
  かっこう(ドイツ民謡)

2、おばあちゃまのお話し(メトード・ローズより
  はれのくも(三善晃)
  みみをすまして(もりのなかでより)
 
3、ちょうちょ(もりのなかでより/スペイン民謡)
  とんでうつって(三善晃)
  きのいいあひる(ボヘミア民謡)
  なみをこえて(ローザス)   

4、歌うねずみ(トンプウソンより)
  かわいいおんがくか(ドイツ民謡)

5、側天運動(バーナム)
  ダブリンの町(トンプソンより)

6、かえるのコーラス(トンプソンより)
  チム・チム・チェリー(メリー・ポピンズより)
  きらきらぼし(フランス民謡)

7、ララルー(ワンワン物語より)

8、チャップスティック(ヒルスター)
  15の練習曲より5番(ツェルニー)

9、ピエロ(カバレフスキー)
  楽しき農夫(シューマン)

10、むかしの歌(メトード・ローズより)
  ファとの約束(三善晃)
  大きな古時計(ワーク)

11、チューリップ(井上武士)
  30番の練習曲より8番(ツェルニー)
  ワルツaモール(遺作)(ショパン)

 そして三上夏子先生による模範演奏です。今回はポピュラーのピアノ曲で、久石譲のオリジナル作品の『人生のメリーゴーランド』を弾いてくれました。久石ワールドの華やかで繊細な感性が余すところなく表現されていました。立派な演奏でした。

 第二部は楽しい楽しいダンスの時間。マーチ、ガボット、メヌエットなどをお友達のピアノ演奏に合わせて踊ります。パパもママも子供と一緒に輪になって踊ります。自らがバロックダンスの踊り手である三上先生が皆にバロックダンスのイロハを教えてくれます。和気あいあいと大声で笑いながら沢山の汗をかきました。「ああ、面白かった!」。

posted by 三上和伸 at 23:06| 今宵の名曲・音楽の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする