2010年09月20日

昼餉 お墓参りの後で敬老の祝い 野島の島寿し

 今日は彼岸の入り、義母に義姉夫婦とその娘、そして私達夫婦と次女が集い、義父のお墓にお参りをしました。私としては半年振りの詣で、御無沙汰を詫び冥福を祈りました。まだ彼岸花は蕾が出たばかりで姿はなく、残念ながらこの花の咲く頃のお参りは叶いませんでした。
 また今日は敬老の日でもある訳で、墓参りの後は一寸贅沢をして皆で義母の敬老の祝いにお寿司をたべました。金沢野島の名店の誉れ高い島寿しを訪ねました。
並ちらし 
並ちらし ¥2500 
イクラ、卵焼き、青柳、鳥貝、鯵、二通り鮪、平目、ズワイガニ、干瓢、田麩などが盛り沢山に、淡い酢飯に乗っています。

上にぎり
上にぎり ¥2800
私が食べたにぎり寿司。大きなタネと大量のシャリ、お腹がはち切れそうになる事請け合いです。鯵、中トロ、煮穴子、平目のにぎり。鮪とアボカドの鉄火巻き。海胆、イクラ、ズワイガニの軍艦巻き。どれも逸品でしたが、私としては鯵と煮穴子のにぎりに海胆の軍艦が素晴らしかった。蕩ける舌触りで全く嫌な臭みはなく、むしろ仄かな芳香が鼻に抜け見事な風味を醸し出していました。
 また、酒の摘みで味わったなめろうともずく酢は絶品でした。
posted by 三上和伸 at 19:18| 今宵の宿・食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする