2010年11月17日

野の実3 ヤブミョウガ 神武寺裏参道 2010.11.07

ヤブミョウガ
ヤブミョウガ(藪茗荷)ツユクサ科ヤブミョウガ属
光を反射し、この実本来の藍色とは異なる夢幻的なライトブルーに写りました。写した私もびっくりの色でしたが、これはこれで美しいので掲載してみました。本当はもっと地味で渋い藍色です。

 ヤブミョウガの名は葉が食用にする茗荷に似るからでしょうが、花の付き方はまるで違います。茗荷は地際に咲き大きな花ですが、ヤブミョウガは茎の頂点に白い小花を総状に咲かせます。夏に咲き秋にはこの藍色の実が成るのです。独特の風情を放ち、花も実も茶席に使われます。

posted by 三上和伸 at 21:56| 野の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする