2010年12月30日

食べ歩き・昼餉 築地・磯野家の寿司(磯寿司) 2010.12.11

 書きそびれて大分とうの立った話ですが、年を越す前に生まれ出たいと話題が申しますので、恥ずかしながら掲載させて頂きます。これでこの寿司どもも鮮度切れ?を免れ、美味しく?頂けたのではないかと安堵した次第です。如何でしょうか? 失礼は承知の上です、どうぞ呆れないで下さいまし…。
築地・磯寿司 インド鮪のにぎりと煮穴子のにぎり
大江戸などの超人気店ではありませんが評判の高い寿司処です。さほど行列に並ばなくてもすんなり食べられます。だから外人さんの顔もちらほらと見受けられます。ここの鮪はインド鮪で中トロが逸品です。インド鮪は本鮪と甲乙を競う高級の鮪で中でも中トロが素晴らしいと言われているのです。写真左は大トロに近いもの、次が赤味、その次が中トロ、そして煮穴子の握り。お好みではないのですが、食べながら次々に握って出してくれます。ですから写真に全品を並べられなかったのです、残念。柔らかい握り具合であっと言う間に口で崩れ蕩け、胃袋に収まり満足至極でした。しかしその美味の官能の余韻に浸る間の無い忙しなさがここ築地のもの足りなさかも知れませんね…。並んで待っているお客の事を考えてしまいますのでね…。
posted by 三上和伸 at 22:36| 今宵の宿・食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする