2011年04月20日

野の花102 ヤマブキ 葉山二子山 2011.04.17

ヤマブキ
ヤマブキ(山吹)バラ科ヤマブキ属
山桜が盛りを迎える頃に咲き出し、山桜が終わる頃に盛りとなり、暫くの後に後を追うように散りゆきます。まるでバトンタッチをしているが如くに…。その様は山吹が慎ましく従っているように観えます。

そんな損な役目を担っている山吹ですが、崖に垂れて咲く姿は美しい…、もう少し大きな樹木ならば、きっと主役の座を射止めに違いありません。しかし山吹はやはり山吹、高望みなどせず今のままがいいのでしょう。そのしなやかな枝が踊る様を愛した昔の人は、山吹の名を山振と当て字して読み、讃えたと言われています。
posted by 三上和伸 at 22:42| 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする