2011年05月17日

自然の風景33 木曽駒ケ岳 中央道小黒川パーキングエリアにて 2011.05.14

この旅の目的を南アルプス観望と下栗の里探訪、そして翌日に天竜峡川下りと定め出掛けました。妻と運転を交代しながら喧嘩せず楽しげに、東名、富士五湖道路、中央の各自動車道を乗り継いで向かいました。晴天の下、富士も南アルプスも雪を頂き良く観えており、まずは上々の滑り出しでした。

木曽駒ケ岳
伊那市の中央道小黒川パーキングエリアから仰いだ木曽駒ケ岳。雪もたっぷり乗せており、美しい佇まいを魅せていました。

このエリアは西に中央アルプス、東に南アルプスが観望でき、誠に山好きには答えられないドライブ休憩地点です。特に素晴らしいのが南アルプスの甲斐駒と仙丈ヶ岳ですが、生憎、伊那谷の東側即ち南アルプス側は靄が掛かったように霞んでおり、写真は上手く撮れませんでした。しかもこの状況は翌日にも持ち越され、結局一つの念願だった南ア・仙丈ヶ岳撮影は今回はものに出来ず、先送りとしました。皆様にはご覧頂けず残念に思っています。

その代わりと言っては中央アルプスに可哀想ですが、ここから木曽駒ケ岳は近い事もあり、美しく観えていました。自信を持ちましてここに載せました。
posted by 三上和伸 at 00:42| 自然の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする