2011年06月07日

食べ歩き・昼餉 法事・会席膳 葉山日影茶屋

父の一周忌の法要の膳として父の思い出深い葉山の日影茶屋を使いました。創業三百年と言われる老舗の料理屋であり抜群の雰囲気を醸しており、心落ち着けて故人を偲ぶ事ができました。
日影茶屋
日影茶屋玄関
入って直ぐの待合所で案内の順番を暫く待ちました。この日は多勢で盛況と見受けられましたが、定刻には案内を受け座敷に通されました。まあ、座敷とは言っても椅子席が設えてあり、それは足腰に難がある母の希望であり、よい姿勢でリラックスして食事ができました。

部屋の照明
部屋の照明
大正ロマンか昭和レトロか良く分かりませんが、古い日本家屋の天井には仄々とした照明が灯されていました。私達もこの灯りの如く遠い昔の客となり、仄々とした錯覚の内に美味しい食事が楽しめました。

先付け
先付け 焼き茄子と素麺の琥珀寄せ 

前菜
前菜 魳の棒寿司・青梅の蜜煮・海老梅肉射込み

椀
椀 紫陽花仕立て里芋辛子まんじゅう
色のついたあられを紫陽花に見立ています。あられの風味が一興です。

造り
造り 季節の魚盛り合わせ
鮪、金目鯛、平目
平目が逸品でした。縁側も一切れ乗っていました。

焼き物
焼き物 若鮎の塩焼き・蓼酢
季節料理の日影茶屋は鮎に拘りがあるようです。されど若鮎なので珍重はされますが、脂の乗りはいま一つ、香りは良かったですが…。二年前、棧温泉で食べた子持ち鮎が忘れられません、あの丸々と太った鮎が…。

煮物
煮物 帆立貝と若鳥の野菜蒸し
やや中華風の味付けでした。私の好みの味、薄味ですがこくがありました。

酢の物
酢の物 新蓴菜・薯蕷豆腐
正に旬の食材・蓴菜、その歯触りはこの季節特有のもの。涼しさが口中を巡ります。

新生姜ごはん
新生姜ごはん・赤出汁・香の物
季節の料理の極意でしょうか、爽快が食欲を高めます。

水菓子
水菓子 抹茶ムース

庭
花菖蒲が咲き出し、庭の風情も料理の味付けに貢献しています。この庭にこの料理、大いに季節を堪能しました。ご馳走様。

なお、写真は次女が担当してくれました。
posted by 三上和伸 at 23:52| 今宵の宿・食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする