2011年08月07日

野の花115 オトギリソウ 本栖湖 2011.08.05

オトギリソウ
オトギリソウ(弟切草)オトギリソウ科オトギリソウ属

 弟切草とは物騒な名前ですが、これは平安時代の伝説が元にあると言われています。それはある日、門外不出の秘薬に使われる薬草の名を他人に洩らしたと言う事で、逆上した兄が洩らした弟を切り殺してしまったのだそうです。それ以来後世の人々はこの草を弟を切り殺した草、オトギリソウ(弟切草)と呼ぶようになったのだそうです。何ともやるせない花ですね。

 花弁や葉に黒点があるのがこの草の特徴です。ここでは葉にはよく認められませんが、花弁と苞葉には明らかに黒点が見受けられます。オトギリソウ、謎めいた不思議な草ですね。
posted by 三上和伸 at 08:26| 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする