2011年08月07日

間奏曲460 自分専用テレビ断念しました 2011.08.07

 今日は地デジチューナーを求めに最寄りのY電気に出向きました。ところがこの店ではその商品は一機種しかなく、しかも高額のもので私の無名非ブランドテレビには不釣り合いな品物でした。その価格なら小型の液晶地デジテレビが買えてしまいそうです。事実私を担当した係員はしきりに買い替えを勧めました。「もう地デジチューナーは新たに製造されるか不明なのでお買い換えをお勧めいたします」と…。私は怒り心頭に発しこう叱責しました。「勝手に地デジ化して置きながら、その受け皿であるチューナーを作らないとは何事だ! お宅の会社の広告塔の高島何某が『Y電気は何よりもお客様の身になって、お手伝いします』と言っているのは嘘っぱちか!」と…。係員は返す言葉もなくうなだれるばかりでした。

 先の震災の後、私は石油業界の火事場泥棒的料金吊り上げを罵りましたが、今度は電気製品業界が客の困惑に見て見ぬ振りをしています。私のピアノの仕事では全く考えられない事。私達はたとえ身銭を切ったとしてもお客様が満足するまで労を惜しみません。今の駄目な日本企業は何が大切かを金に換算してはき違えているのではないですか? 死力を尽くして人のため国民のために何かを成す、その不退転のサービス精神が欠如しているように思います。「身銭を切ってでも各戸(家庭)に地デジチューナーをお届けします」とでも言ってみたらどうですかね!

 どうせ詰まらない(一部は良い番組もある)のだからテレビなんか観てやらない! 当分はその空き時間を読書や趣味に当てようと思っています、直ぐ慣れますよ。でも観たくて観たくて堪らない破格の番組を作ってごらん。そしたら地デジテレビを買って観て差し上げますよ。頑張れテレビ!
posted by 三上和伸 at 22:28| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする