2011年08月24日

間奏曲466 喧しいニュースのあれこれ 2011.08.24

 今、ニュースが喧しいですね。カダフィ大佐危うしのリビア革命情勢。革命軍頑張っていますね。当然ながら殺さずに裁判に掛けて正しく処罰しないとね。捕えられるといいですね。

 また私にはガッカリ失望の過去に期待していた民主党のドングリの背比べの代表選挙、今朝の朝日新聞天声人語に『やっぱり、菅さんの方が良かったなんて国民に言われないようにね』と書かれていましたっけ…。政治なしで政局ばかり、情けないなー。

 そしてお笑いタレント某の自意識過剰な引退会見、この騒ぎにコメントを寄せた文化人のもっともらしいが可笑しな論理…。全てはバッシングの際の対応の誤りで、何故、警察や弁護士に相談しなかったのでしょうか? もし仮に警察や弁護士がより良い対応をしてくれなかったのならば、それは気の毒であり、同情の余地はあるのですけれど…。 

 さらに高速料金無料措置の悪用による無料措置廃止の顛末。相変わらずこの日本には一部にたかり体質丸出しのえげつない奴らがいるのですね。必要な人の迷惑を顧みず、自らにそれが跳ね返ってくるのも知ってか知らずか…、その時さえ得すればウハウハなのか…、こんな事やってるから税が集まらず国債頼みになってしまうのです。刹那的に過ぎますね、愚かです。

 まあ…、悪人や盗人や自意識過剰人間の何と多い事か…、でも寡黙で奥床しい素敵な人も市井の中には沢山いますけれど…目立たないのですよね…、善なる民よ!負けずに頑張りましょう!

posted by 三上和伸 at 22:12| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする