2011年09月15日

自然の風景40 芦ノ湖と富士 箱根大観山 2011.09.10

 伊豆の旅、本命にしていた地魚の宿は満室でアウト。仕方なく秘湯の温泉だけで選んだ宿は伊豆のど真ん中の山の中…。依って訪問ルートもあれこれ考え、一日目の立ち寄り先は三嶋大社と修善寺に決めました。東名ー小田原厚木道路を経て箱根新道に入り、渋滞なしの快適なドライブ、青空の下、鼻歌気分で運転してたら、妻がのたまいました。「そうだ、昔よく来た大観山(たいかんざん)に寄らない、富士山がよく観えるかもよ」と。「うん、そうだね、あわよくば南アルプス・赤石山系も拝めるかもね、行こう行こう」。私はハンドルを左に切り、ターンパイク大観山展望台に向かいました。

芦ノ湖と富士
大観山展望台は正に別天地でした。標高千メートル強、そこは最早秋でした。空気と風が素晴らしい、地には野菊(ノコンギク)が咲き乱れ、青空の下、富士山と芦ノ湖が見事に観えました。誠に爽やかな気分にさせて貰いました。但し、残念ながら南アルプス赤石山系は望めませんでした。条件が良ければ向かって富士の左の裾辺りに悪沢岳、荒川岳、赤石岳、聖岳が並んで観えます。雪を頂いている晩秋から春までがお勧めです。
posted by 三上和伸 at 22:59| 自然の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする