2011年09月26日

野の花124 オモダカ 修善寺 2011.09.10

デジカメの電池切れで、携帯カメラ使用に切り替えたので、写真は今一今二となりました。悪しからずご容赦くだされ…。

オモダカ
オモダカ(面高、沢潟)別名:はなぐわい、なまい、さんかくぐさ オモダカ科オモダカ属
葉と花が家紋の紋所に使われている知る人ぞ知る多年草。その理由は花も然る事ながら、その葉の美しい矢尻型の三角形にあり、武門の家紋に使われたのです。その紋所には“立沢潟”や抱沢潟の種類があり、幾人かの大名の名があがっています。

但し、農家にとっては田の厄介な雑草以外の何ものでもなく、この花を愛でるお百姓さんはそうそういないでしょう。でも、その風情は中々のもの、私はお百姓ではないので愛さずにはいられません。
posted by 三上和伸 at 11:12| 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする