2011年09月28日

今宵の宿 伊豆船原温泉秘湯を守る会会員旅館“うえだ” 2011.09.10~11

根が正直者の私は旅行でトラブルが絶えません。修善寺の駐車場でも料金の事で係の女性にイチャモンをつけ女性を困惑させました。そして今度は旅館で客の一人と詰まらぬ喧嘩をしたのです。何ね、沢山ある貸切風呂の順番取りで揉めたのです。相手が悪いのですよ。順番取りにもたついた私に「早くしろ!」などと偉そうに言うから…。「黙れ、大人しく待っていろ!」と大声を上げながら口汚く罵り合いました。妻とあちらの家族と係の女性はオロオロ。でもね、それでお終い、そんなの引きずるようでは男ではありません。さっとお開きにしてそれぞれで楽しむ事にしたのです。お風呂、それはそれは素晴らしかったのです。

大露天風呂 小露天風呂
大露天に小露天、それにジャグジーと男女の内湯、何とも贅沢な秘湯を守る会の会員旅館。これでお客7組限定なのですから温泉好きには笑いが止まりません(この日は3組)。内湯以外が全部貸切風呂になるのも肯けますよね。一組40分でそれぞれの貸切風呂を二回ずつ入れるので都合六回も入浴できるのです。ホントに凄いでしょ! でもね、はっきり言って、そのローテーションを守るのは至難の技でした。私はとうとう、ジャグジーは割愛してしまいました。番取りで喧嘩したのは何だったんだ! やっぱり馬鹿は……。勿論、私達は一人風呂でしたよ…フフフ…。

全て源泉かけ流し、泉質はアルカリ単純泉、この泉質は何度でも入れ、長湯もできます。でも流石の私でもチト入り過ぎ、少しのぼせました。

夕食の献立 朝食
食事も素晴らしかったです。夕餉は懐石風でしたので、写真は止めにして食べる事に専念しました。お造りと松茸、鮎にビーフシチューが気に入りました。特にお造りの鱸(スズキ)が素晴らしかった。新鮮、臭みなし、脂乗れども爽やか、白身魚最高。

朝餉も好きな物ばかり、甘い玉子焼きには陶酔を覚えました。
posted by 三上和伸 at 22:20| 今宵の宿・食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする