2012年03月29日

間奏曲532 心乱れしも、やることはやっています 2012.03.29

 心は乱れていますが、毎日完璧な仕事をして頑張り、更に今夜もまた妻が留守なので炊事当番をしました。なっなっ何と今宵は次女と二人飯、何の理由か知りませんが、出掛けて遅くなると言っていたのに「これから八時までに帰るからご飯食べさせて」とメールが…。「えっ、仕方ないなー」と迷惑顔(どうせ次女には見えないが)をつくっても、何故か嬉し恥ずかし、早速近所のスーパーに走り、牛肉始め、しらたき、焼き豆腐、春菊に卵のすき焼きの材料を買ってきました。娘の結婚前に、二人で食べる最後の飯かも知れぬので、少しは良い物を食べさせようと親心を出してしまったのでした。

 次女が帰宅するやいなや、醤油に砂糖、酒と味醂に出汁を入れ煮立たせ“割下”を作りました。そして鍋に油を引き、肉を入れ少し焼き割下を注ぎこみ、焼き豆腐、しらたき、葱に椎茸を入れ、その少し後に春菊も入れ、煮立たせました。向付鉢に卵を割り入れ、崩し溶き、いよいよ食べ方始め…。どちらともなくニッコリと頬笑み、微笑み返し、すかさず箸を入れ、肉を存分に味わい、それから春菊、葱、椎茸と続き、程良く味が染みて来たしらたきと焼き豆腐を味わいます。そして、それを何回か繰り返すと、もう、鍋は空っぽになりました。ここのところ、次女の健啖ぶりは群を抜いており、内心呆れるのと同時に、忙中大車輪の活躍をしているのも事実であり同情の余地もあり、本当にお腹が空いているのだなーと憐れに思うのでもあります。まあ、私としては炊事当番として、少しは役立ったかなーと内心、喜んでいる次第です。目出度し目出度し…。
posted by 三上和伸 at 23:42| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする