2012年04月30日

食べ歩き・昼餉 満福寺・茶房・義経庵のシラス丼 2012.04.29

 源義経と武蔵坊弁慶に縁のある龍護山満福寺。この寺の前景は勿論相模湾の海ですが、何とその間には江ノ電の線路が割り込んでおり、満福寺を訪ねるには踏切を渡る事になります。鎌倉の寺は以前に紹介した横須賀線が境内を走る円覚寺を始め、面白い立地の寺が多いようです。狭苦しいと言えば狭苦しいですが、江ノ電ならではの風情があり、こんな新旧の混合はいいですね。

 *シラス丼
義経庵のシラス丼
満福寺は宿坊も兼ねているので、食事を提供するのはお手の物…。今流行りのシラス丼も食べられます。出される料理には一般的な釜揚げのシラスを使うので、生のシラスが所望の方々には不向きな店です。この日も、それとは知らぬ客が現われ、がっかりして帰って行きました。私なんぞは、生より火の通った魚介が好きなので、何でそんなに生に拘るのか気が知れません。火を通せば味が濃くなり(アミノ酸の数値が上がる)旨味が増すのです。シラスは釜揚げに限ります。但し、シラスのかき揚げは食べたかった…。それが食べられる料理屋は長蛇の列…。腰越の“かぎ屋”や“しらすや”、江の島の“とびっちょ”などは下手すりゃ数時間待ち…。これでは食べに来ただけで観光はできません。だから私達は直ぐに食べられる義経庵にしたのです。しかし、馬鹿にしてはいけませんよ。ここの釜揚げシラスのシラス丼、ホントに美味しいんだから!! しかも付いてる味噌汁が更に美味しい! 是非、何時かはご賞味あれ!

因みに、週末の昼時には、音楽家の石井秀憲氏が電子ピアノの生演奏をしています、凄いでしょ。曲目は彼自身のオリジナル曲で、中々秀逸な曲想をもっています。優しく撫でるような柔らかなタッチの響きは耳に心地よく、食事をより豊かにしてくれます。
posted by 三上和伸 at 22:58| 今宵の宿・食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする