2012年06月06日

雑記帳3 失望、金星の日面通過観えず 2012.06.06

 重々解っており百も承知の当てにできない天候なれど、今日ほどガッカリした事は近年珍しい事だと申し上げておきましょう。それにしても百十数年に二度の機会しかない千載一遇?のチャンスを悪天候のためにふいにしてしまいました。今度は百五年後ですから殆どの日本人は、もう観る事はできないのです。今日こそ天に唾?をしたい日はなかったのですが、それをすれば唾は自分に掛かってしまうので、ジッと我慢の子でいました。やっぱり、完璧な予測を立てて観える地域まで大移動しなければなりませんのね…。でも私のような貧乏人には無理ですね、トホホホホホ… まあ、7月末から8月の流星群と8月14日未明の月の金星食を楽しみに待ちましょうね。
posted by 三上和伸 at 21:30| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする