2012年09月09日

私の歳時記 2012.09.09 今日は重陽の節句

 日本人にとって奇数は縁起の良い数字と言われています。中国の影響も大きいでしょうが、お目出度い大切な日は奇数のぞろ目に偏っています。ところが本来の陰陽思想では、奇数は陽の数で、奇数が重なる事は陽の気が強過ぎて不吉とされていたそうです。そこでそれを払う為の行事として節句の儀が行われていたようで、戒めとして大切な日としたのだそうです。それでも時が移れば、その陽の重なりが不吉から吉に転じられるようになり、奇数の重なる日を吉日と定めるようになったそうです。勿論、今日でもその教えを継続しており、この奇数の重なる節句をポジティブ(前向き、陽気)に吉日と認識していますが、反面、その元となった陰陽思想も継承されており、吉日と言えども大切な者達の無事と幸福を願う、ネガティブ(後ろ向き、陰気)な側面も持ち合わせているように思えます。1月1日がお正月(替わりに1月7日に人日の節句《人の日》)、3月3日が上巳の節句(女の子の日)、5月5日が端午の節句(男の子の日)、7月7日が七夕(夫婦・恋人の日)で9月9日が重陽の節句(お年寄りの日、最大数9の陽が重なる日、だから重陽)。陽気に祝う半面、これらの人の運命を案じ、幸せを願うネガティブな一日でもあると想われます。

 今日は重陽、最も陽の気の強い重い節句、人を想い、幸せを願い、平和を念じましょう。
posted by 三上和伸 at 21:27| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする