2012年09月30日

私の歳時記 2012.09.30 十五夜・中秋の名月

十五夜飾り
今日は旧八月の望の月・十五夜、一年で一番美しい月、中秋の名月を愛でる一夜でした。しかし無粋な野分(のわき・台風)の所為で、私の大切な夢は儚く潰えました。折角妻に頼まれて、昼の長散歩の折にススキを手折って帰って来たのに…。そして花瓶に生けて飾っておいたのに…、残念でした。仕方なく、この十五夜飾りを眺めながら、私は去年の十五夜の月を想像し瞼に映してみました。すると何とその行為は想いのほか図に当たり、私は鮮明に去年の名月を想い描けました。あの鮮烈な望の月を、ああ、美しい…、嵐の夜の小さな幸せでした。
posted by 三上和伸 at 20:48| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする