2012年10月10日

音楽の話87 娘・夏子のエリスマン邸生演奏、行ってきました 2012.10.09

 朝一番の幼稚園の仕事を終え、エリスマン邸に駆け付けました。秋も深まりつつあり、心地よい風も渡り涼しさも増し、いよいよ芸術に親しむ季節となりました。清々しいエリスマン邸には夏子のピアノが優しくたゆたい、午前の一時を豊かなものにさせてくれました。そして今日は、前回の後、私がリクエストしたモーツァルトのアンダンテカンタービレ(ピアノソナタk.330第2楽章)を、弾いてくれました。涙なくしては聴く事が出来ないモーツァルトのエッセンス・アンダンテカンタービレ、大好きな曲…、私は幸せでした。
posted by 三上和伸 at 00:12| 今宵の名曲・音楽の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする