2013年03月07日

雑記帳104 税理士さんと納税の準備 201.03.07

 今夕、仕事を済ませた後、私は税理士さんの元を訪ねました。昨夜まで夜鍋で(仕事を持ち、しかも孫の面倒をみたりで忙しくしているので)、我が家の税務担当の妻が一心不乱に計算してくれた収支の計算書を、私が運び、税理士さんにお願いして青色申告書を作成して貰いました。その結果、誠にささやかな額ではありますが、所得税の金額が明らかになり、ホッとしているところです。来週の初めには税務署に出向き、申告書を提出し、税金を納めて来ようと思っています。兎にも角にも、今年も赤字にならず、所得税を納める事が出来るのは、何よりも嬉しいと、今改めて仕事を持つ身の幸せに感謝しています。20歳で働き始めて今年で42年、途切れずに所得税を納付し続ける事が出来たのは、私の一つの誇りと言って良く、ただただ感謝してる次第です。更に欲張りと嗤われるかも知れませんが、50年を目指します。半世紀、私の夢ですね。
posted by 三上和伸 at 22:13| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする