2013年03月10日

赤ちゃん観望記19 新米パパ来る、幸せの風景 2013.03.10 

 仕事柄、毎日のように妻と子に会いに来れない可哀想なパパさん(婿殿)。でも今日はやって来て我が子を抱き、あやしました。不器用そうな抱き方ながら必死さが伝わり、実に微笑ましい眺めでした。結局、Nちゃんはこの骨太のパパさんの腕で眠り、夢心地でした。そこで何時までも我が子を見詰めるパパさん、私が「可愛いよね、見飽きないよね!」、「そうですね。見飽きませんね!」、我が子を愛する幸せの風景がそこにありました。夜九時過ぎパパさんは帰って行きました。私は送れなかったのですが、そのやや寂しげなパパさんの後ろ姿は、想像ができました。もう直ぐ、赤ちゃんも次女も帰れるからね。

 追伸:パニス・アンジェリクスの記事は明日に…
posted by 三上和伸 at 23:32| 赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする