2013年03月17日

私の歳時記 2013.03.17 今日は春の彼岸の入り、桜綻び、白木蓮満開

染井吉野 白木蓮
暖かくなりましたね、今日は彼岸の入りでした。朝申し上げた長散歩、ウォーキングを兼ねて行って来ました。道すがらの野や家々の庭には春の花が咲き出していました。赤ちゃんにかまけて私とした事が、花の事を忘れていました。イエイエ(いいえいいえ)忘れた訳ではないのですが、赤ちゃんが気になって気になって仕方がなくてね。それほどに赤ちゃんは尽きせぬ魅力があると言う事です、皆様なら解って頂ける筈ですよね。

 彼岸の入り、いよいよ春ですね。そして何と言っても春の代名詞・桜が開花しました。今年の開花は早いと言う事、まあ早くても遅くても、咲いてくれるのであれば、私は文句は言いません。春の真ん中に桜があれば、誰が四の五の言うでしょうか。桜こそ春の女神、私も彼の歌人のように女神に包まれて最期を迎えたい…。そしてその少し前に咲き出し、今、満開を迎えた白木蓮、こちらは春の王者。青空に映えるその咲き振りは素晴らしく雄大でした。
posted by 三上和伸 at 22:37| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする