2013年03月20日

私の歳時記 2013.03.20 今日は春分、そして上弦

 先程雨が降りましたが、今は晴れて気持ちの良い雨上がりの夜となっています。空を仰げば上弦の月(たまたま上弦)が雲間に覗き、薄雲を滲ませて美しい…。動けば汗ばむ程に、殊の外暖かく快適な春分の日となりました。地球が太陽の周りを360度1回転して太陽の黄経が0度になった日(戻った日)、今日が春分です。時間は02:27で、もうとっくに春分点は過ぎてしまっていますがね。

 私、少し心配があります。こんなに暖かくて桜が一気に咲き昇り、今年の桜は命が短いのではないかと…。私、期待していたのです。今年こそ「あの如月の望月のころ」を体現出来るのではないかと…。如月の望月とは、旧歴二月十五日(今年は十六日、新暦では三月二十七日)の事。この満月の日こそ、春のど真ん中、誰も言いませんが、この満月は中春の名月と言えなくはないのです。西行が愛でた如月の望月の桜、私も西行に倣って月と桜を同時に楽しみたいのです。
posted by 三上和伸 at 22:31| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする