2013年04月27日

赤ちゃん観望記33 Nちゃん、股関節健診クリアー、首も座る 2013.04.27

 今日はNちゃんの股関節脱臼健診の日、この日を私が忘れ仕事を組んでしまい、Nちゃんを病院に連れて行く役を降りたため、妻から顰蹙を買いました。しかも次女ママをもガッカリさせたりで、私は自己嫌悪(に陥る)でした。それでもNちゃん、次女ママ、バアバちゃん(妻・運転も)と三人連れ立って、何とか無事に健診をクリアーし、目出度く御帰還と相成りました、◎。

 股関節脱臼は女の赤ちゃんに多く(男の子の10倍)、女の赤ちゃんにとっては心配な傷害です。殆どが後天的なもので、治療が可能で完治するそうです。見極めの仕方としては、@足が開き難い、A腿や足の肉のくびれのしわが左右で異なる、B仰向けに寝て膝を立てると左右で高さが異なる、C動作中股関節から異音が出る等があるそうです。

 兎に角、Nちゃんの股関節は大丈夫で、オマケにここんとこ、首も座って来たようです。順調な発達をしているNちゃん、今後が益々楽しみです。因みにNちゃん、車でも病院でも、それに帰り掛けに訪ねた曾祖母ちゃんに抱かれても、泣いたそうです。泣き虫Nちゃん、明日三上家(ジイジ、ババチャン家)から卒業だぞ! パパさんママちゃんと楽しくしっかり頑張って! 負けるな!Nちゃん!
 
posted by 三上和伸 at 21:41| 赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする