2013年06月12日

新・とっておきの花8 戸部・願成寺のヤマハギ 2013.06.08

ヤマハギ
妻の実家の近くにある願成寺は、日限地蔵尊を祀る高野山真言宗のお寺です。小さいながら、境内に四季の花を咲かせる可愛いお寺さんです。私が毎年、目を見張るのが、秋の尾花(すすき)と宮城野萩のコラボレーション(饗宴)です。石垣の崖を覆い尽くす、起立する尾花の銀と雪崩しなう枝垂れ萩の紅、それは見事な光景が現れます。一見の価値は大いにあります。

ところが、梅雨の今、その石垣の崖に何と紅の萩が咲いているではありませんか。私は目を疑いました。しかし疑問は直ぐ解けました。これは秋のしな垂れる宮城野萩ではなく、立ち性の山萩である事を私は観破りました。しかも山萩は夏早く咲き出します。それにしても何とも美しい、この紅、この華やぎ、素晴らしい山萩。寺の丹精が偲ばれました。


路地奥の民家の庭
この辺りは、山の手と下町が入り乱れた街。狭い路地に寄り添うように建つ家もあれば、門構えの家もあります。そしてお定まりは、花の庭、人間と花は相思相愛。この善意を永遠に…、この愛を永久に…

posted by 三上和伸 at 23:14| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする