2013年07月14日

新・生き物大好き10 猛暑に杜鵑鳴く 2013.0.14

 連日熱帯夜の続く今日この頃の横浜、私は汗びっしょりで起き出しました。そして書きかけのブログに手を入れていた矢先、思いも掛けない声の来訪者に驚愕し歓喜しました。「トッキョキョカキョク、トッキョキョカキョク、トッキョキョカキョク、トッキョキョカキョク、トッキョキョカキョク、キョキョキョキョキョッ、キョキョキョキョキョッ、キョキョキョキョッ、キョキョキョキョッ、キョキョキョッ、キョキョキョッ、…・、…」。カラスもニイニイゼミも鳴いていましたが、その声は掃き溜めに鶴(いやカラス君、ニイニイゼミさん失礼…)、よく通る輝く声が暑気に一閃し我が庭に木霊しました。まだ高原に行かずこんな所に留まっていたのか…。ホトトギスよ、ありがとう、宝石の冷気をくれて…。その声の涼しさが身に染みる蒸し風呂の朝でした。
posted by 三上和伸 at 08:38| 新・生き物大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする