2013年09月14日

赤ちゃん観望記79 Nちゃん、悪知恵を覚える 2013.09.14

 今日は義母の敬老の日を我が家で祝いました。義母に義姉夫婦、次女夫婦にNちゃん、そして我等夫婦と長女の夏さんが参加しました。私等夫婦は朝から片付けと掃除をし、妻が料理を作り、私は車で義母を迎えに行きました。次女夫婦とNちゃんは、途中交通渋滞に嵌り、一時間近く遅刻をして来ました。

 沢山の大人が勢揃いしている中、Nちゃんはやってきました。渋滞の中、ゲボッ(嘔吐)したお陰でNちゃんは一寸ご機嫌斜め、皆があやし抱き上げても最初は礼儀を尽くして泣きませんが、暫くするとやおら泣き出す始末…。今日はこれを繰り返していました。でも元気は元気! 離乳食も食べたしオッパイも飲みました。玩具でも遊びまくっていましたし、寝返りゴロンゴロンだし、這いずりはエイホエイホでした。だけどママから離されるとクンクン、その内ギャアー。ママが抱っこだとエヘラエヘラ…、しかも私達にまで御世辞笑いをしたのです、ニカーっと。全く騙しのテクニックを使いやがって! どうもココントコ、悪知恵が付き始めましたね。これも進歩なのでしょうが、憎憎しい!…。それにピチピチビニール(梱包用のクッションビニール)をお口に入れようとしたので、ママが取り上げ、代わりの玩具を与えてみても、ガンとして頑強にピチピチビニールを欲しがりました。普通ははぐらかされて代わりの玩具で遊び出しますが、この日は違いました。好みと記憶の焦点が鋭く合致し始めたようでした、凄い!。ジイジはネ、Nちゃんが進歩するのは嬉しいけれど、御世辞笑いや嘘泣きは嫌いだな、騙しのテク、大っ嫌い!、もっと素直なNちゃんでいて欲しい…、ネ…、フフフ…。
posted by 三上和伸 at 20:17| 赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする