2013年09月17日

私の歳時記 2013.09.17 中秋の名月三日(二日)前、されど今夜は月が美しい…

 先程までベランダに降りて月を愛でていました。十五夜まであと三日(現代の数え方で二日)ありまして未だ欠けている月ですが、今夜の月は美しい…。台風一過の秋晴れの空、願ってもない観月日和が三日も早く到来してしまったのでした。台風の所為で、北の冷気が降り、冷えて来たので、秋の虫も静かに鳴いています。不思議ですね、あの夏の終わりの盛大な鳴き声はとんと影を潜め、誠の静寂の中での月を観る幸せを与えてくれたのでした。災害の坩堝台風、皮肉なものですね。

 十五夜を控え、先程我が妻から、ススキの採取を所望されました。今年も十五夜飾りをするそうで、私も楽しみにしているのですよ。明日、心当たりのススキ場を散歩がてら訪ね、物色してきますね。十五夜は芋名月と呼ばれているので、本格十五夜飾りには子芋を皮ごと茹でた衣被ぎ(きぬかつぎ)を御団子と一緒に供えるのですね。美味しそう…、やってみよう!

posted by 三上和伸 at 22:47| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする