2013年10月17日

赤ちゃん観望記87 リズムの申し子?・Nちゃんの癖・足トントン 2013.10.11

Nちゃんの癖・足リズム リズムボックスに合わせ足トントン
何時の頃から始めたか定かではありませんが、Nちゃんの足トントン…(写真・左)、良く見掛けるようになりました。大体に於いては機嫌の良い時で、うつ伏せハイハイ状態で遊んでいる折に頻発させています。まるで自らを鼓舞し調子付かせる風にやるのです、「いいぞ、いいぞ」って言う風に…。それも右足だけの動作であり、もうこうなると癖と言うしか言いようがありません。観ているこちらが嬉しくなってしまうほど、楽しげな癖行為です。それでもこの癖が、驚くべきとんでもない反応に結び付いたのですからジイジの私としては狂喜乱舞してしまうのは無理のないところで、皆様は解ってくださいますよね。フフフ、そうなんです。何と何とNちゃんは、手元にあるリズムボックスを鳴らしながらそれに合わせて足トントンをしていたのです(写真・右)。フフフ、Nちゃんはもう既にリズムの申し子と言って良い才を表し始めていたのでした。ムー…、ヒャー…、フッフッフ…、ワッハッハッハッハッハー、これがNちゃんの音楽愛好の始まりだぁー!!!
posted by 三上和伸 at 21:33| 赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする