2013年11月23日

野の実21 ユズリハとマユミ 2013.11.23

ユズリハの実
ユズリハ(譲葉)植栽 トウダイグサ科ユズリハ属
古い葉と新しい葉の世代交代に独特の風情を醸すのがこのユズリハの譲葉たる所以…。春、新葉が伸びてくると古葉は己が地位を譲るように下に垂れ始めます。そしてやがて新葉が大きく育てば古葉は安らかに散り落ちるのです。親子愛を象徴したかのような奥床しい樹木、譲葉の名は必然と言える運命的な美名ですね。素晴らしい…。
 
雌雄異株であるため、実が成るのは雌木だけです。団地の植え込みにも数本の譲葉の木がありますが、実が成っているのは一本だけでした。その貴重な一本がこの写真の木です。漆黒に熟した実が鈴生りに付いていました。 

マユミの実 マユミの実
マユミ(真弓)ニシキギ科マユミ属
枝が良くしなう事で解るように、弾力と硬度を持ち合わせた材が得られる真弓。昔はこぞって弓に用いられたがために、真弓の名が付きました。花は地味ですが、ご覧のように実は中々に存在感があります。それは美しく熟した淡紅色の刮ハ(さくか)が四裂し、中から鮮紅の仮種皮に包まれた種子が垂れ下がります。面白くも味わいのある個性際立つ良い実です。この樹木も雌雄異株であり、従ってこれは雌木です。

*刮ハ=乾性の子房(雌しべの一部)の発達した果実、熟すと縦裂して種子を散らす。
 
posted by 三上和伸 at 22:01| 野の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする