2013年12月15日

新・星空ウォッチング33 ふたご座流星群、楽しめました、今度はこぐま座流星群 2013.12.15

 毎年良く観えるふたご座流星群ですが、今年は殊の外大きな流れ星が飛んで、素晴らしかったのでした。しかもフワッとした低速のものや一気苛性の高速流星、冬の大三角とオリオン座を股に掛けて横切る長大なものなどバラエティーに富んでいて楽しめました。私が二晩で見付けた数は、延べ4時間で15個でした。寒さに震えながらも大満足の今回のふたご座流星群でした。

 次は、22日のこぐま座流星群で、真北にある北極星の真下(21時)が輻射点です。時間に連れ、輻射点は徐々に上がって行きまので、深夜から未明が観頃と言えそうです。兎に角、北の空を見詰める事です。流星数は少な目ですが、明るくゆっくり流れるのが特徴のようで観応えがあります。一個でも良いから見付けたいですね。
posted by 三上和伸 at 14:59| 新・星空ウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする