2013年12月21日

新・星空ウォッチング34 満天の星と居待月 2013.12.20

 二日続きの氷雨、辛いものがありました。私は仕事先で雨に濡れました。しかも先程車で妻を駅まで迎えに出る折、降った雨の雫が凍り付いて車のフロントガラスが視界不能になっており、その手当てで難渋しました。雪の心配もありましたし、冬の移動性南岸低気圧には悩まされますね。

 それでも今はもの凄い快晴! 雨で洗われた空はキンキンの透明度を表わし、星と月がさんざめく…。居待月と木星が冬の星座の中に割り込み幅を効かせ大変な事になっています。これこそが星空観望の醍醐味、私は一人宇宙の宝石箱を味わいました。

 今地震がありました。皆様、お気を付けください。そしてお休みなさい…
posted by 三上和伸 at 01:16| 新・星空ウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする