2014年01月16日

新・星空ウォッチング37 今年最小の満月、でも旧暦・師走の望 2014.01. 16

 今夜の月は、新年最初の満月ですが、旧暦で言えば師走の満月です。後十五日経つと旧元旦、江戸期以前のお正月となります。江戸の子供は、未だ「もう幾つ寝るとお正月」?と歌っているのですよね。私等はもうとっくにお正月気分が無くなっているのにね。

 ところで今日の満月は今年最小の満月だそうですよ。先程妻と月見をしましたが、妻は「ホントに小さいお月様…、丸で野球のボールのようね、何時ものお月さまをお盆に喩えるなら…」、「えっ、それはオーバーじゃないの?、せめて野球ボ−ルとソフトボールの違い位じゃないの…」と私…。そして思わず二人して大笑い、他愛のないお月見でした。

 それでも今日の月、“山椒は小粒でもピリリと辛い”、絶佳、良い月です。
posted by 三上和伸 at 23:47| 新・星空ウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする