2014年02月25日

新・とっておきの花11 春よ来い、早く来い 福寿草と猫柳 2014.02.25

福寿草 猫柳(赤目)
福寿草              猫柳

春よ来い 早く来い
あるきはじめた みいちゃんが
赤い鼻緒の じょじょはいて
おんもへ出たいと 待っている

春よ来い 早く来い
おうちの前の 桃の木の
蕾もみんな ふくらんで
はよ咲きたいと 待っている
作詞:相馬御風 作曲:弘田龍太郎

誠、この歌を歌う時期が今ですね。みいちゃんの名をそろそろ歩き出そうとしている我が孫娘Nちゃんに代えれば、この歌は我が家の歌になります。そう、桃の花咲く頃、Nちゃんもきっと歩き出す事でしょう。

庭では福寿草が咲き出し、猫柳の花芽が膨らんできました。これらは正に早春を告げる自然の賦。春は名のみの風の寒さの中、一片の春を教えてくれています。ああ、春よ来い 早く来い! みいちゃんNちゃんと共に私も春を待ち焦がれています。

*賦…韻ををふんだ詩文
posted by 三上和伸 at 23:29| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする