2014年03月10日

新・星空ウォッチング39 オリオンは沈み掛け、その後を月と木星が、そしてふたごの兄弟が後を追う 2014.03.10

 寒い寒いと嘆いてる私ですが、今、決死の思いで外に飛び出し、再びの星空を眺めてきました。空前の寒気で透明に晴れたギンギンの空に、それらは宝石の如く鏤め(ちりばめ)られていました。今、オリオンが西空に沈む寸前です。その腹ベルトの三つ星はもう森の中に…。そしてベテルギウスは少し高く赤々と…。その後には月と木星が仲良くランデブー。二番(光度2位)と四番(光度4位)が蜜月(ハネムーン)です。最後にふたごの兄弟がしんがり務め、高所から見守っています。この冬最後の圧巻の一夜です。
posted by 三上和伸 at 22:40| 新・星空ウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする