2014年10月13日

雑記帳240 野分は来たり、Nちゃんは去りぬ、涙… 2014.10.13

 今は午後10時。暴風が吹き出し、大分荒れ模様になってきました。これから数時間は暴風が吹き荒れます。もう皆様、外には絶対に出てはなりませぬ。命あっての物種です。宜しいですね。

 ところが台風はやって来ましたが、私のNちゃんは今日お家に帰ってしまいました。帰ってしまいましたと言ってる私が送って行ったのですから何をか言わんやですが、分かってくださいますよね、私の気持ち、辛いのです。部屋のそこかしこにNちゃんの匂いが染みついているのです。一ヶ月もいたNちゃん、本棚を見ても、ラジカセを見ても、テーブルに座っても、ご飯を食べても、布団を敷いても、Nちゃんはそこにいない、それが悲しいのです。何時だって会えるじゃないか? 一時間余りの近くに住んでいるんだし? 他人はそう言うでしょう? そうじゃないのです、ここにいて欲しいのです。納豆を食べているNちゃんが今見たいのです!
posted by 三上和伸 at 22:17| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする