2014年10月14日

雑記帳241 台風の日の過ごし方 2014.10.14

 台風19号が立ち去りました。災害列島の日本、また犠牲者が出てしまいました。この犠牲者の中には、やむなく被害に遭われた方が大半だと思われますが、そうでない方もおられます。危険を承知でよせばいいのに、田や畑の様子を見に行って用水路に落ちて流される方、また物見遊山で高波や高潮を見物に行かれて海に攫われて(さらわれて)しまう方、結構いますよね。まあ、高波を利用してサーフィンをする輩もいますので(これは自己責任ですが)、これらの全てが可笑しいとは言い切れませんが、私は可笑しな事だと思うのです。家でジッとしていれば、命を落とす事もなかったのに、不思議ですね。私はこんなニースをよく見聞きして、何時も疑問に感じるのです。私なんぞ、嵐の日には仕事も止めて、ひたすら安全な屋内で台風を遣り過します。但し、我が妻のように、子供たちを守る仕事でやむなく危険を顧みず職場に向かう場合は、私は惜しみなくその危険の中に身を投じ、妻を助けます。安全を最優先にして気を配りながら…
posted by 三上和伸 at 22:04| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする