2014年10月21日

雑記帳246 また政局、与党も野党も最低…、国民も職人も悲鳴… 2014.10.21

また政局になってしまいました。小渕も松島も甘かったですが、それをネタにまた政局に持って行こうとする野党も情けないですね。もし仮に自民公明連合が政権を失って、野党が政権を奪ったとしても、これは彼の民主党の二の舞になるだけ、ホント、野党はもっと勉強してもらいたいですね。人材が枯渇してますよ。真に政権を担える優れた野党になれ!

 与党も野党もこんな体たらくでは国民の生活はよくなりません。特に調律師を始め職人も生活が厳しい(苦しい)、お客は減る一方、しかもガソリンを始め、物価上昇と消費税引き上げ、やってられませんよ! まあ、我々世代はもういいですよ、残り少ない人生ですから、年金も貰えるし、安いけど…。でもこうなると若い優秀な職人は育たなくなりますよ。だって儲からなければ優秀な人材など職人の業界に来る筈ありませんからね。

 政治家よもっともっと勉強だぁ〜。自分たちばかり豊かな生活をしているくせにこの体たらく、少しは優れた職人(調律師)にも分け前をよこせ! 日本が尊敬されるのは優れた職人がいるから、職人がいなくなれば日本は二流(三流かも)の国になりますよ!
posted by 三上和伸 at 20:31| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする