2015年03月20日

一日の初めに…28 ミシェル夫人の「女子教育支援」賛成です 2015.03.20

 今日付けの朝日新聞で、ミシェル・米大統領夫人の特集が掲載されていました。ミシェル夫人が推し進めている「女子教育支援」、これは実に理に適った行いだと思います。ヨーロッパ先進国などでは女性の進出はかなり顕著ですが、日米やその他の発展途上国に於いては、女性の各界進出は未だ未だと言う感じです。況してやアラブ世界になると女性を特別な目で視ているのが解ります。最年少ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんが言うように、これからの世界では女性の活躍が不可欠です。男社会だからテロや戦争ばかりをしている、女性が世界の前面に押し出でれば、もう少し世界は安定し平和になる事でしょう。世界的な女性教育の進展が急務です。もし世界の半分の国が女性大統領になれば、きっと世界平和はやって来るでしょう。世界中の女子が大学に行けるようになる「女子教育支援」の推進、ミシェル夫人には更なる活躍を期待します。
posted by 三上和伸 at 10:07| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする