2015年04月15日

音楽夜話5 フジテレビの音楽番組、酷かったですね 2015.04.15

 先程まで妻にご相伴でフジテレビの歌番組を観て(聴いて)いました。生番組だからしょうがないと言えばしょうがないのですが、どいつもこいつも酷い歌でした。一番安心して聴けたのがクリス・ハートの山口百恵ナンバー、和田アキ子とのデュエットでした。その次が谷村新司の「いい日旅立ち」、更に宝塚のトップ・スターと槇原敬之が続きます。期待のさだの「秋桜」も酷かった。さだは裏メロディーを歌っていましたが良く聴こえない、音程も不確か…。表のメロディーを歌った女性歌手達はもっと酷かった。百恵さんが可哀想…、聴くに堪えませんでした。因みに宇崎竜童も最低…。全て準備が足らなかったようですね。次からはライブは止めて、お願いだから…、まあ、私は聴きませんが!
posted by 三上和伸 at 21:42| 音楽夜話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする