2015年06月02日

一日の初めに…57 潮干狩り、オオバアバに会うのが一番の目的 2015.06.02

今日はNちゃん一家と潮干狩りに行くのですが、一番の目的はNちゃんYちゃんをオオバアバ(私の母、二人には曾祖母)に会わせる事です。今年89歳を迎えたオオバアバは自力での行動範囲が狭まり、中々二人の曾孫に会えません。何時も残念がっているので、私がNちゃん一家に無理を言って、会合の算段をしたのです。潮干狩りはその余興の一つ、NちゃんYちゃんの心の片隅に、『海の記憶が残ってくれればいいな〜』と願っての行為です。

さあ、NちゃんYちゃん、いざオオバアバと会ったらどんなお顔をするのかしらね? Nちゃんにはしっかりした記憶があるので、打ち解けて応対できると確信しますが、問題はYちゃんですね…。Yちゃんは現在知恵の付き始め、ですから人見知りをするようになっています。オオバアバとYちゃん、仲良くなる?には少し時間が必要ですかね? 私達は心を尽くして見守る事にしましょう。

それにしても大潮の干潮の干潟は楽しみですね。NちゃんYちゃん、裸足でピチャピチャ歩いてみようね、きっと気持ちいいよ! お魚やカニさん、ヤドカリさんやハマグリさんにも会えるかもね?あさりちゃんも一杯獲れるよ!?
posted by 三上和伸 at 07:59| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする