2015年06月05日

雑記帳288 低視聴率を気に病むNHK、愚の骨頂… 2015.06.05

先程NHKの”心の旅”と”美の壺”と言う番組を梯子で観たのですが、大変グッド!、その美しい映像に感心しました。”心ある人に心ある番組を提供する、それがポリシー(精神・方針)”とでも言っているような潔さが感じられました。

これらの番組の視聴率はどの位なのかしら、恐らくそんなに高い数字ではないでしょう。でもきちんと力を籠めて作られています。NHKらしい番組でした。

このような視聴率を気にしない良い番組作りをしているNHKが、”花燃ゆ”に関してだけは視聴率で慌てふためいているのはどうした事なのでしょうか? しかもその視聴率低迷を主演の井上真央に覆い被せようとしています。これを気に病む井上は「日本を命懸けで守った志士達のように、私も命懸けで演じなければ…」などと健気な言葉を述べているそうです。可哀想に…

NHKよ、情けない! お前ほどの巨人でも糞くらいな視聴率に右往左往するのか…。所詮人気なんて覗き趣味のようなもの、低俗極まりない! そんなもの鼻で嗤ってそれとは正反対の人気の無い傑作を創りなさい! 後世に残るようなものを! 埋もれないものを!
posted by 三上和伸 at 22:27| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする