2015年06月08日

一日の終わりに…121 梅雨の好い事、悪い事 2015.06.08

関東も梅雨が始まりましたね。梅雨は不自由な事も多いですが、好い事もある季節です。不自由な事と言えば、星が観辛い事、好い事と言えば、花と蛍灯火が咲く事です。今月の星空の主役は金星と木星です。この二つがあわや衝突、とまではいきませんが、大接近するのです。月末が見物なので、晴れ間があると良いですね。

そして紫陽花を初めとする花、鎌倉がお勧めです。東慶寺、明月院、この二つの寺ですね。東慶寺は鎌倉の貴婦人・岩煙草と静寂の花・半夏生。明月院は明月院・ブルーの姫紫陽花と本来の端午の花・花菖蒲。山にはネンネの合歓の木、海には断崖の花・透かし百合。好いですね!最高です。

更に清流には源氏と平家の幻想の灯・蛍、好い事好い事ないしょないしょ… 大好き梅雨!
posted by 三上和伸 at 21:55| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする